村上春樹のおすすめの映像化作品(映画)3選!

村上春樹

はじめに

作家村上春樹さんの作品の中で映像化された作品を紹介します。

独特の世界観から映像化が難しいと思われる村上春樹さんの作品ですが、どのような作品が映像化されているのでしょうか。

2022年に第94回アカデミー賞国際長編映画賞を「ドライブ・マイ・カー」が受賞したのをきっかけに、村上春樹さんの作品の中で映像化された作品とその原作をまとめてみました。

私がお勧めする映像化作品は以下の3作品です。是非原作を読んだ後に観てみてください。

【村上春樹のおすすめの映像化作品】
・「ノルウェイの森」
・「バーニング 劇場版」
・「ドライブ・マイ・カー」

村上春樹の映像化作品

風の歌を聴け(1981年)

出演:小林薫、真行寺君枝、巻上公一、室井滋、他
監督:大森一樹

原作は映画と同名の『風の歌を聴け』(1979年)。村上春樹さんのデビュー作で群像新人賞受賞作品。海辺の街で過ごす青春の退屈な夏の日常を独特なタッチで描いています。文庫本で150ページ程度と短めなのですぐに読めて、読んだ後は爽やかな後味が残ります。

風の歌を聴け (講談社文庫)
村上春樹のデビュー作 1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作 1970年の夏、海辺の街に帰省したは、友人のとビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、の夏...

100%の女の子(1983年)/パン屋襲撃(1982年)

出演:室井滋、他
監督:山川直人

2作品ともに短編映画。「パン屋襲撃」の原作は『夢で会いましょう』(講談社文庫)に「パン」として収められています。「100%の女の子」の原作は『カンガルー日和』(講談社文庫)に「4月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて」として収められています。

夢で会いましょう (講談社文庫)
強烈な個性と個性がぶつかりあう時、どんな火花が飛び散るか――それがこの本の狙いです。同時代を代表する2人が、カタカナ文字の外来語をテーマにショートショートを競作すると、こんな素敵な世界があらわれました。さあ、2種類の原酒が溶けあってできた微妙なカクテルの酔い心地をじっくりとどうぞ。
カンガルー日和 (講談社文庫)
カンガルー日和 (講談社文庫)

森の向う側(1988年)

出演:きたやまおさむ、一色彩子、他
監督:野村恵一

原作は『中国行きのスロウ・ボード』(中公文庫)に「土の中の彼女の小さな犬」として収められています。映画の方はVHS(いわゆるビデオカセット)しか出回っていないようなので、観ることは難しいかもしれません。

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)
中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

トニー滝谷(2004年)

出演:イッセー尾形、宮沢りえ、他
監督:市川準

原作は『レキシントンの幽霊』(文春文庫)に映画と同名の「トニー滝谷」として収められています。

レキシントンの幽霊 (文春文庫)
氷男は南極に戻り、獣はドアの隙間から忍び込む。幽霊たちはパーティに興じ、チョコレートは音もなく溶けてゆく。短篇七篇を収録

神の子どもたちはみな踊る(2008年)

出演:ジェイソン・リュウ、ジョアン・チェン、ソニア・キンスキー、他
監督:ロバート・ログヴァル

原作は映画と同名の短編小説『神の子どもたちはみな踊る』。映画はアメリカで制作され、原作では日本が舞台で登場人物も日本人でしたが、映画では舞台はアメリカで登場人物はアメリカ人に変更されています。

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる……。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えてい...

四月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて(2008年)

出演:Takayuki Onosaka、他
監督:トム・フリント

短編映画です。原作は『カンガルー日和』(講談社文庫)に「4月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて」として収められています。映画を観ることのできる媒体はAmazonでは見つけられませんでした。

カンガルー日和 (講談社文庫)
カンガルー日和 (講談社文庫)

ノルウェイの森(2010年)

ノルウェイの森
高校時代に親友・キズキを自殺で喪ったワタナベは、新生活を始めるために東京の大学に進学。そこで、偶然キズキの恋人だった直子と再会する。お互いに大切なものを喪った者として付き合いを深めていった二人は直子の二十歳の誕生日に一夜を共にする。しかし、ワタナベの想いが深まるほど直子の喪失感は大きくなっていく。そんな折、ワタナベは大...

出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、他
監督:トラン・アン・ユン

原作は映画と同名の『ノルウェイの森』。村上春樹さんの代表作と言っても良いのではないでしょうか。

原作は好き嫌いが分かれると思いますが、映画についても原作ファンからの好き嫌いが分かれる作品になっています。

しかし、原作の陰鬱な雰囲気は映画にも引き継がれており、映像も綺麗で魅力的な映画となっていると個人的には思います。主人公のワタナベの特徴的な話し方も映画の中で可能な限り違和感のないように再現されていました。

ノルウェイの森 (講談社文庫)
十八年という歳月が流れ去ってしまった今でも、僕はあの草原の風景をはっきりと&...

パン屋再襲撃(2010年)

出演:キルスティン・ダンスト、ブライアン・ジェラティ、他
監督:カルロス・キュアロン

原作は映画と同名の短編小説『神の子どもたちはみな踊る』。映画はメキシコ・アメリカの合作の短編映画です。映画を観ることのできる媒体はAmazonでは見つけられませんでした。

新装版 パン屋再襲撃 (文春文庫)
妻は断言した、「もう一度パン屋を襲うのよ」彼にかけられた呪いを解くための企みはいかに!? 村上ワールド全開の初期の傑作短篇集

ハナレイ・ベイ(2018年)

ハナレイ・ベイ
シングルマザーのサチ(吉田羊)は、息子のタカシ(佐野玲於)がハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知らされる。大好きだったサーフィン中に大きなサメに襲われ死んだという。彼女は、彼が命を落としたハナレイ・ベイへ向かい、海辺近くの大きな木の下で読書をして過ごした。毎年、この「行為」は続いた。同じ場所...

出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、他
監督:松永大司

原作は短編小説集『東京奇譚集』(新潮文庫)に「ハナレイ・ベイ」として収められています。舞台はハワイのカウアイ島のハナレイ湾という場所です。

東京奇譚集 (新潮文庫)
肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却……。大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。孤独なピアノ調律師の心に兆した微かな光の行方を追う「偶然の旅人」。サーファーの息子を喪くした母の人生を描く「ハナレイ・ベイ」など、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な...

バーニング 劇場版(2018年)

バーニング 劇場版(字幕版)
小説家を目指すジョンスは、美しくなった幼なじみのヘミと偶然に再会し、ヘミがアフリカ旅行で留守の間、自宅に居るという猫の世話を頼まれる。やがて帰国したヘミは青年ベンを連れていた。裕福な暮らしを送り、日々遊んでいるんだと話す正体不明の男。ある時、ベンはジョンスに自分の秘められた“趣味”を打ち明ける。それは古いビニールハウス...

出演:ユ・アイン、スティーヴン・ユァン、チョン・ジョンソ、他
監督:イ・チャンドン

原作は短編小説集『螢・納屋を焼く・その他の短編』(新潮文庫)に「納屋を焼く」として収められています。映画は韓国で制作されており、原作とストーリーが大きく異なっています。第91回アカデミー賞外国語映画賞に出品され、最終選考9作品に残りました。

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)
秋が終り冷たい風が吹くようになると、彼女は時々僕の腕に体を寄せた。ダッフル・コートの厚い布地をとおして、僕は彼女の息づかいを感じとることができた。でも、それだけだった。彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。僕の温もりではなく、誰かの温もりだった……。もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そし...

ドライブ・マイ・カー(2021年)

ドライブ・マイ・カー インターナショナル版
舞台俳優であり演出家の家福(かふく)は、愛する妻の音(おと)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、音は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。2年後、広島での演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去を抱える寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。悲しみと”打ち明けられることのなかった秘密”に苛まれてきた家福は、みさき...

出演:西島秀俊、三浦透子、岡田将生、霧島れいか、他
監督:濱口竜介

原作は短編小説集『女のいない男たち』(文春文庫)に「ドライブ・マイ・カー」として収められています。第94回アカデミー賞国際長編映画賞を受賞しました。その他にも数多くの映画賞を受賞しています。撮影は主に広島県で行われています。

女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)
〈これらを書いている間、僕はビートルズ「サージェント・ペパーズ」やビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」のことを緩く念頭に置いていた。 と、著者が「まえがき」で記すように、これは緊密に組み立てられ、それぞれの作品同士が響きあう短編小説集である。「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野...

さいごに

独特の世界観から映像化が難しいと思われる村上春樹さんの作品ですが、意外と多くの作品が映像化されていました。

ただし、長編作品の映像化は「ノルウェイの森」だけで、他は短編作品の映像化となっています。やはり、長編作品では現実世界と非現実世界を行き来するという構造の作品が多いため、映像化は難しいのだと思います。

また、映像化された作品には海外で制作されたものもあり、村上春樹さんの作品が日本だけではなく世界中で読まれていることを裏付けています。

村上春樹さんの作品は長編しか読んでこなかったという人は是非短編も読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました